燻製されたローストポークのスパイシーなトマトチャツネ添え

このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。



Smoked Pork Shoulder Roast with Spicy Tomato Chutney


燻製されたローストポークのスパイシーなトマトチャツネ添え




ローストポークはドイツやフランスの料理ですがウェーバーでもレシピが紹介されていました。通常は低温のお湯で長時間かけて調理されるローストポークですが、ウエイバー流では低温でじっくりとグリルすることで、柔らかく中心にまで火を通す調理法です。またチャツネやナンなどを合わせインド風料理にアレンジされています。


材 料

擦り込み用スパイス

コーシャーソルト:大さじ1
粗挽き胡椒:大さじ11/2
ニンニクパウダー:小さじ1
パプリカ:小さじ1
チリペッパー:小さじ1

ポークショルダーブロック(1.1kg)

チャツネ(ソース)

トマト:650g
サラダ油:大さじ1
玉ねぎ:1個(みじん切りにして準備)
クミンシード:小さじ1/2
コリアンダー:小さじ1/2
トウガラシ:小さじ1/2
ワインビネガー:3/4カップ
砂糖:1/4カップ
レーズン:1/4カップ
コーシャーソルト:小さじ1/4
粗挽き黒胡椒:小さじ1/8

ナン:6枚

エクストラバージンオリーブオイル


手 順

1)
小さいボウルに擦り込み用スパイスの材料を入れて混ぜ合わせます。チャツネに使用する、擦り込み用スパイスを小さじ1を別に保管しておきます。スパイスを合わせたらポーク全体に満遍なくスパイスで覆う様にします。そのまま、1時間から一晩冷蔵庫で保存します。

2)
グリルする30分前にポークを冷蔵庫から取り出し室温に出しておきます。スモークチップを30分水に浸します。

3)
弱火(120〜180度)の直火グリルと間接焼きが同時に行えるグリルを準備します。
※炭の配置はThe Two-Zone Fire(二つに分ける)を参照。

4)
グリルが準備できたらスモークチップの水分を切り炭に加えます。スモークチップから煙が上がりだしたら、直火でトマトを25分から30分柔らかくなるまで蓋をしながらグリルします。グリルできたら取り出しておきます。

5)
間接焼きでポークを肉の中心温度が85度になるまで約3時間〜3時間45分、蓋をしながらグリルします。時々返しながら1時間毎に炭とスモークチップを追加し温度の管理を行います。

6)
中火のソースパンにサラダオイルを温め玉ねぎおのみじん切り、クミンシード、コリアンダー、トウガラシ、刷り込み用のスパイス:大さじ1を炒めます。
グリルしたトマトを皮ごと乱切りしソースパンに加え、そこに酢、砂糖、レーズンを追加し沸騰寸前まで温めます。そこから約25分ほど煮詰めます。最後に塩胡椒で味を整え出来上がったら冷やしておきます。

7)
ナンの両面にオイルを軽くブラッシングし、直火で約2分グリルします。

8)
ローストポークを1.25cmの厚さにスライスし皿に盛り付け、ナンとトマトチャツネを添えます。