じっくりと薫製した甘酸っぱいスペアリブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。

Slow-Smoked Spareribs with Sweet-and-Sour Barbecue Sauce




じっくりと薫製した甘酸っぱいスペアリブ




低温でじっくりと仕上げる、グリル時間の長いポークのスペアーリブのレシピです。ソースが美味しそうなので、他の料理にも使えそうです。

準備:30分、グリル:5〜6時間
調理器具:5個の拳サイズのヒッコリーか、りんごのスモークチップ

材 料

擦込み用スパイス

コーシャーソルト:大さじ3
チリパウダー:大さじ2
ブラウンシュガー:大さじ2
ニンニパウダー:大さじ2
パプリカ:大さじ2
タイム:小さじ4
クミン:小さじ4
セロリシード:小さじ4
粗挽き黒コショウ:小さじ4

セントルイス・スタイルのスペアリブ:4ラック(各1.3〜1.5kg)

塗りタレ

リンゴジュース:1 カップ
リンゴ酢:1/2カップ
ウスターソース:大さじ2

ソース

ケチャップ:2カップ
リンゴジュース:1カップ
リンゴ酢:2/3カップ
ウスターソース:大さじ2
蜂蜜:大さじ2
擦込み用スパイス:大さじ2

手 順

1)
スモークチップと弱火(110~120度)の間接焼きのグリルを準備。

2)
ボウルの中で、摩擦成分を混ぜ合わせます。混ぜたらソースに使用する大さじ2を分けて保存しておきます。

3)
※スペアーリブの調理の準備は⇒こちら
スペアーリブに擦込み用のスパイス擦込みます。

4)
小鉢で、塗りタレの材料を混ぜ合わせます。

5)
スモークチップの内、2塊を炭に加えてください。

6)
骨を下にしてグリルに乗せ、肉が少し縮み骨から少し剥がれるまで、弱火にでスペアリブをグリルします。2時間ごとに塗りタレをリブの両面に塗り、1時間毎に1個のスモークチップの塊を炭に加え、5〜6時間蓋をしながらグリルします。リブの大きさやグリルの位置で焼き加減が変わるので調整し、蓋の穴で110~120度の温度を維持してください。

7)
ソースパンを中火で温め、ソースの材料を混ぜ合わせ5分加熱します。

8)
リブが焼き上がったらリブが簡単に骨から剥がれる固さである事を確認します。剥がれない場合、更に30分から1時間グリルします。

9)
リブが焼き上がったらソースを両側に軽くブラシし、骨の間でラックをカットし、ソースを添えて盛り付けます。