杉板の上で焼く鶏ももの照り焼き

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェーバーグリルのHPで紹介されているレシピをご紹介します。


Cedar-Planked Chicken Thighs with Soy-Ginger Glaze


杉板の上で焼く鶏ももの照り焼き


杉板の上に貼付ける?何だそれはと思いますが、一番下でご紹介している動画を見て理解できました。和食をイメージしているレシピだと思いますが、目の前で杉板を焼かれたらみんな驚くだろうなと想像します。

準備:30分、グリル:30〜50分
特殊装置:杉板(長さ30〜38インチで厚さ1.25cm〜2cm)

材 料

タレ

醤油:3/4カップ
バルサミコ酢:1/2カップ
ブラウンシュガー:1/2カップ
ニンニクのみじん切り:大さじ1
ショウガのみじん切り:大さじ1
トウガラシの刻み:大さじ1
ごま油:1/4カップ

鶏もも肉:10ピース(各160〜170g)皮なし骨付き

手 順

1)
杉板を1時間水に浸けます。

2)
ソースパンを弱火にかけ、醤油、酢および砂糖を混ぜ、約20分程半分の量になるまで煮詰めます。煮詰めたらニンニク、ショウとトウガラシを加え、少し冷やしたらごま油を加えてかき混ぜます。

3)
ボウルに鶏ももを入れて、タレの半分を中へ注ぎかき混ぜ、グリルの準備が整うまで冷やして保存しておきます。(残りの半分のタレは塗るために取っておきます)

4)
中火(180〜230度)直火と間接焼きのグリルを準備してください。

5)
直接の中火に濡れた杉板を置いて蓋を閉じます。5〜10分して板が煙を出したら板をひっくり返します。

6)
鶏ももを杉板の上に置き5〜10分蓋を閉じてグリルします。その後、間接焼きに板を移動させて、引き続き蓋をし20〜30分グリルします。焼き上がりの10〜15分前にタレを塗ります。

7)
焼き上がったらもう一度タレを塗り盛り付けます。


動画も有りましたのでご紹介します。